So-net無料ブログ作成
検索選択

トリュフとフォアグラサンド PROCACCI@フィレンツェ [├ イタリア]

フィレンツェPROCACCI (プロカッチ)
トリュフとフォアグラサンドミネストローネ を食す。


イタリア旅行4日目の昼食!

ピサから列車で1時間かけて フィレンツェに到着。



中部イタリアに位置する ルネサンス発祥の芸術都市フィレンツェ。

小さな町だけど、「花の都」と称されるだけあって観光客が多い!


まず最初に訪れたのは、バール PROCACCI (プロカッチ)
4722190412_01.jpg

1885年創業の老舗食材店。


店内には、ワインボトル食材が入った瓶が並ぶ。
4722190412_02.jpg

食材店だけど、店内にはテーブルがあり、飲食可能。


商品表示はイタリア語。
4722190412_03.jpg

でも、日本人店員さんがいるので、日本語で注文可能!


最初に注文したのは、赤ワイン(4.00ユーロ)
4722190412_04.jpg


くいっ!


おいしい~!



続いて、名物のトリュフサンドを注文。

手前から、トリュフとフォアグラサンド(2.00ユーロ)
トリュフサンド(1.80ユーロ)サーモンサンド(1.60ユーロ)
4722190412_05.jpg


三大珍味の内のトリュフとフォアグラの二つを贅沢に使用!

なのにめっちゃ安い!


まずは、トリュフサンドがぶっ!


(*´Д`)ンマー!!


鼻からトリュフの香りが抜ける!

とてもこの価格で食べられないくらいの量のトリュフを使用している!



続いて、フォアグラとトリュフサンドぱくっ!


(*´Д`)ンマー!!


フォアグラがめっちゃ濃厚!

フォワグラとトリュフって合う!


もちろん、赤ワインとの相性もばっちり!


贅沢すぎるパンだ!


キャビアも入れて、世界三大珍味パン として食べてみたい!



さらに、パンのミネストローネ(6.00ユーロ)をいただく。
4722190412_06.jpg


野菜だけではなく、パンも入ったミネストローネ!

ちなみに、ミネストローネとはイタリア語で「具沢山」「ごちゃ混ぜ」という意味。


まさにごちゃまぜ!
4722190412_12.jpg


ぱくりっ!


野菜の旨味がパンにしっかりしみ込んでいて、おいしい!


イタリアでワイン片手に珍味でランチ!

なんかおしゃれ!


ぱくっ!ぱくっ!ぱくっ!

ぐびっ!


っと、完食。



続いて訪れたのは、
ドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)
4722190412_07.jpg

「花の聖母」の名をもつ聖堂。


ピンク色の大理石がおしゃれ!

中にはフレスコ画の「最後の審判」など見どころ多数。



そして、ジョットの鐘楼
4722190412_08.jpg

ドゥオーモの横にそびえ立つ、高さ84.7mのゴシック様式の鐘楼!

414段の階段を上りきると、フィレンツェの街並みの大パノラマが一望できちゃう!


最高の眺めっ!



さらに、シニョリーア広場へ。

13~14世紀の中世自治都市時代の政治の中心地。


ミケランジェロのダヴィデ像のコピーなど多数の彫刻が並ぶ。
4722190412_10.jpg


コジモ1世のブロンズ像
4722190412_13.jpg

17歳で当主となった、トスカーナ大公。



その後もブラブラとフィレンツェの街並みを歩きまわる。


チョコレート屋さん。
4722190412_14.jpg

店内に並ぶたくさんの種類とたくさんの量のチョコレート。


まさに山盛り!
4722190412_15.jpg

1粒6.00ユーロとなかなかなお値段


さらに、ブラブラ~!

っと街中を散策したところで、ローマへ戻る電車の時間に。


フィレンツェ、全然見きれなかった!


帰りは、イタリアの主要都市を走る全席指定の高速列車ユーロスター・イタリア(ES)に乗車。

フィレンツェ ~ ローマ テルミニ (2等席:45.00ユーロ)
4722190412_11.jpg

ガタン!ゴトン!約1時間半かけてローマへ。


_/_/_/_/_/ フード評価 _/_/_/_/_/
   味  :☆☆☆☆(4.5点)
   量  :☆☆☆(3.5点)
   値段 :☆☆☆☆(4.8点)

   総合 :☆☆☆☆(4.5点)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
            ※☆5.0点満点


トリュフとフォアグラサンドと赤ワイン最高!

あんな食べ方があるなんて知らなかった!

めっちゃ安い価格でしっかりと珍味を堪能。

もうちょっとフィレンツェ観光したかったけど断念。
いつかリベンジしないと!

さぁて、ローマで夕食だぁ!


このトリュフとフォワグラサンドを食べてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw





nice!(71)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 71

コメント 11

さる1号

トリュフとフォアグラのサンド~(驚)
夢のような取り合わせ!
何という贅沢!でもお値打ちなんですねー。
赤ワインを飲みながらトリュフとフォアグラのサンドをかじる・・・いいなぁ
by さる1号 (2012-05-25 19:25) 

ibanieru

このうまそうなチョコ一個でさらにうまそうなサンドイッチが3個も食べれるだと、、、
ちょっとイタリア行ってくる!
by ibanieru (2012-05-25 23:09) 

hatsune

トリュフ~~~~フォアグラ~~~~(人´∀`)
パンのミネストローネは腹持ちもよさそうなので
ダイエット中の人のランチになりそうですね♡
はぁぁぁぁっ。美味しそうな食事&スイーツがいっぱいですねぇ♪
イタリアへは昔々、安いツアーで行っただけなので
あまり美味しいものに巡り会えませんでした。
次にイタリアに行くことがあれば、のんびり観光&グルメを楽しみたいです。
by hatsune (2012-05-25 23:47) 

kazukazu

■さる1号さん
 こんばんは!
 いやはや、まさに夢のような非日常でした^^
 この価格にはびっくりですよね!
 また行きたいです!


■ibanieruさん
 こんばんは!
 日本人からすると不思議な価格設定ですよねw
 イタリアレビュー楽しみにしてます~w


■hatsuneさん
 こんばんは!
 トリュフとフォアグラはびっくり価格で堪能しちゃいました^^
 のんびり観光&グルメ、理想的ですよね!
 でも、僕の場合は結構あわただしかったですw
 欲張りモノなので、いかに効率よく観光地とグルメを
 楽しめるかを綿密に計画して挑みました。

by kazukazu (2012-05-25 23:53) 

あーる

また美味しそうなものを召し上がってますね! トリュフだフォアグラだってもう……ひたすら羨ましい! もちろん、ワインも。
こうしてみると、国の本当の豊かさってなんなんだろうと思ってしまいます。イタリア、経済的にはいろいろたいへんなのにねえ。
ユーロスターの顔もやっぱりイタリア風でしょうか。日本の新幹線って、こうしてみると和顔だなあ。
by あーる (2012-05-26 12:49) 

newton

何とも贅沢なサンドでしょう。美味しくないはずがないですね。
by newton (2012-05-26 14:04) 

名犬ゴン太・・・の兄

トリュフとフォアグラサンド も、 ミネストローネも、めっちゃ美味しそう^^
特に、ミネストローネは日本人の常識を破壊してくれますね〜^^
あぁぁぁ・・・イタリアに行きたいw

by 名犬ゴン太・・・の兄 (2012-05-26 15:30) 

なまけもの

チョコすごい^^;
でもちょっとお高いかしら・・・
by なまけもの (2012-05-26 18:44) 

kazukazu

■あーるさん
 こんにちは!
 本当ですよね!
 フラッと観光に行った視点のみですが、
 日本と比べて、食も観光も大変満足いくものばかりでした^^
 和顔(笑)
 わかります^^
 

■newtonさん
 こんにちは!
 こんなサンド、そうそうお目にかかれないですよねw
 また食べに行きたいです^^


■名犬ゴン太・・・の兄さん
 こんにちは!
 これだけを食べに行く価値、十分ありますよw
 日本では食べられないものばかりです~


■なまけものさん
 こんにちは!
 いいお値段ですよね!
 でも、お客さんはたくさんいました~^^

by kazukazu (2012-05-27 10:23) 

ネオ・アッキー

kazukazuさんこんにちは。
トリュフとフォアグラサンド赤ワインで頂くのは最高ですね! イタリアの超特急ユーロスターに乗ってみたいです。
by ネオ・アッキー (2012-05-27 14:15) 

kazukazu

■ネオ・アッキーさん
 こんにちは!
 最高のフィレンツェランチを堪能しちゃいました^^
 ユーロスター、速かったですけど、
 座り心地は日本の新幹線の方が上でしたw

by kazukazu (2012-05-27 14:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: