So-net無料ブログ作成

炭焼きアリゾナグレイン厚切りリブロースステーキ ブロンコビリー@鹿浜 [■ ファミレス]

東京都足立区鹿浜の ブロンコビリー 鹿浜店炭焼きアリゾナグレイン厚切りリブロースステーキ を食す。


最寄り駅は東京都交通局日暮里・舎人ライナー西新井大師西駅
駅から徒歩15分ほどの場所にある。
5014020517_01.jpg

1978年(昭和53年)に名古屋市で開業したステーキハウスブロンコを母体にする、東海地方を中心に展開するステーキレストランチェーン店。

ちなみに店名の由来は、アメリカ西部時代の暴れ馬“ブロンコ”とならず者の“ビリー”を合わせたことから。



メニューは、こんな感じ。
5014020517_37.jpg

5014020517_38.jpg

5014020517_39.jpg

5014020517_40.jpg

5014020517_41.jpg

5014020517_42.jpg

がんこハンバーグ、サーロインステーキ、リブロースステーキなど。



卓上には、ピンクソルト、ガーリックソルト、レインボーペッパー、ふりかけ、爪楊枝、紙ナプキン
5014020517_06.jpg



セット注文にすると、新鮮サラダバー 付き。
5014020517_10.jpg

5014020517_14.jpg


さらに、コーンスープ
5014020517_53.jpg



サラダバースープをいただきながら待つこと10分ほどで、炭焼きアリゾナグレイン厚切りリブロースステーキ(200g)(¥2,940+税) 登場。
5014020517_54.jpg


じゃん!
5014020517_61.jpg

使用するのは、アメリカ南西部アリゾナの大平原で上質な穀物を食べて育てられた深く濃厚な味わいとやわらかさをかねそなえたステーキ!

格付けは最高格付けであるプライムの次の“トップチョイス”!


付け合わせは、マッシュポテト、コーン
5014020517_55.jpg


ソースは、岩塩、和風ソース
5014020517_33.jpg


そして、 魚沼産コシヒカリ(大盛り)
5014020517_16.jpg



それではいただきまーす!
5014020517_57.jpg


和風ソースをかけて、
5014020517_56.jpg


すぱっ! ひょいっ!
5014020517_59.jpg

ぱくぅ!

(*´Д`)ンマー!!


赤身の力強い旨味がぎゅうっと詰まったリブロース!
炭焼きによる火入れも抜群で、肉々しさありながらもやわらかな仕上がり!

赤身好きには嬉しい味わい!



というわけでそのまま一気に、


ぱくっ!ぱくっ!ぱくっ!


っと、完食。
5014020517_31.jpg



さらに、食後に新鮮サラダバースイーツ&フルーツ
5014020517_13.jpg


コーヒーゼリー、ピーチゼリー、フルーツ
5014020517_32.jpg


生八ツ橋
0217020517_01.jpg

0217020517_02.jpg

ぱくっ!ぱくっ!ぱくっ!


っと、堪能。

_/_/_/_/_/ フード評価 _/_/_/_/_/
   味  :☆☆☆(3.5点)
   量  :☆☆☆(3.9点)
   値段 :☆☆☆(3.2点)

   総合 :☆☆☆(3.5点)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
            ※☆5.0点満点


力強い肉感楽しめるブロンコビリーの厚切りリブロースステーキ。

魚沼産コシヒカリと充実した惣菜などがならぶ新鮮サラダバーなど満足度も高し!

んー、肉欲満たされたー!


このブロンコビリーの厚切りリブロースステーキを食べてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw





店名:ブロンコビリー 鹿浜店
住所:東京都足立区鹿浜4-23-15
電話:03-5856-9929
時間:月~日11:00~24:00
定休:なし
URL:http://www.bronco.co.jp/
食べログ:ブロンコビリー 鹿浜店ステーキ / 西新井大師西駅


☆★☆Amazonと楽天にて「ハンバーグ本」発売中!☆★☆

   ハンバーグ王子kazukazuが手掛ける世界初のハンバーグ専門本ハンバーグ大辞典
  ■ハンバーグ大辞典 Amazon Kindle版

  ■ハンバーグ大辞典 楽天Kobo版






nice!(25)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理