So-net無料ブログ作成
├ イタリア料理 ブログトップ
前の3件 | -

イタリアン Giancarlo Tokyo(ジャンカルロ東京)@六本木 [├ イタリア料理]

東京都港区麻布台の Giancarlo Tokyo(ジャンカルロ東京)イタリアン を食す。


最寄り駅は東京メトロ六本木駅・六本木一丁目駅・麻布十番駅・神谷町駅
各駅ともに駅から徒歩約10分ほどの場所にある。
2518130917_01.jpg

2017年7月3日オープンの
“ナポリピッツァイタリアカップ”で日本人初の総合優勝を果たした小曽根美佐夫シェフが手掛ける絶品イタリアンを楽しむことができるイタリアンレストラン。



本場ナポリが認めたピッツァがいただけるとあって、店内にはどーんと構える薪窯!
2518130917_03.jpg



さらに、テラス席も用意されており、東京タワーが一望できちゃうのである!
2518130917_02.jpg

んー、ステキな立地!




この日は、おまかせコース(¥10,000) をオーダー。

まずは、スパークリングワイン で乾杯。
2518130917_04.jpg

ごきゅっ!



続いて、素焼きのピッツァ
2518130917_05.jpg

2518130917_06.jpg

エキストラバージンオイルとオレガノで香り付けされた焼き立てピッツァ。

生地の旨味と甘味が直に感じられるサクサクの一品!




さらに、カプレーゼ
2518130917_17.jpg

ジューシーなトマトにモッツァレラチーズのもっちり感があわさって美味ー!




というわけで、泡を颯爽と飲み干し、Meroi blanc di buri(メロイ・ブラン・ディ・ブリ) 2015 を注文。
2518130917_31.jpg

果実の甘さと爽やかさのバランスが素晴らしいイタリア産白ワイン。

ごきゅっ!




そして、前菜盛り合わせ
2518130917_07.jpg


プレートの上にのるのは、マコガレイのカルパッチョ、白エビと白インゲン豆、
2518130917_09.jpg


タコとジャガイモのジェノベーゼ、メカジキのマリネ、
2518130917_10.jpg


パプリカのマリネ、ズッキーニのマリネ、
2518130917_11.jpg


白レバーのコンフィ、生ハム
2518130917_08.jpg

と、どれもこれも食感と味わいのクオリティ高く、白ワインが捗る!




と前菜と白ワインを楽しんだところで待ってました!

ピッツァ(マルゲリータ&クワトロフォルマッジ) 登場!
2518130917_12.jpg

本場イタリアで開催された“2016年ナポリピッツァイタリアカップ”で日本人初の総合優勝を果たした世界一のピッツァ!


マルゲリータ
2518130917_13.jpg

クワトロフォルマッジメタメタ(ハーフ&ハーフ)!
2518130917_30.jpg


早速、ぱくぅ!

(*´Д`)ンマー!!


一口目にサクッ!と感じさせながら、もっちり!とした食感も同時に楽しめる秀逸なピッツァ!

今まで食したピッツァの中でも間違いなくトップレベルのおいしさ!

思わず笑顔になっちゃう!




さらに、モンサンミッシェルのムール貝のパスタ
2518130917_15.jpg

なんと!
モンサンミッシェルから直送のムール貝をたっぷりと使用したパスタ。


ぷりぷりのムール貝の旨味が
2518130917_16.jpg


しっかりとパスタに絡みつき、
2518130917_18.jpg

これまた、(*´Д`)ンマー!!




そしてメインに、ポルケッタ 登場。
2518130917_19.jpg


巻き寿司のようにぐるぐるに巻かれたイタリアンローストポーク!
2518130917_20.jpg

見た目からおいしさが伝わってくるー!


というわけで、すかさず AVIDE BAROCCO Cerasuolo di Vittoria Classico(アヴィデ バロッコ) 2007 を注文。
2518130917_29.jpg

口当たりはまろやかでやわらかく、心地良い渋味が残るシチリア東部の最高級赤ワイン。



それではいただきまーす。
2518130917_22.jpg


ざくっ! ひょいっ!
2518130917_23.jpg

ぱくぅ!

(*´Д`)ンマー!!


表面サクサクッと香ばしさを感じさせながらも赤身部分は程よい塩味と旨味が凝縮! 脂身部分は口の中に入れると同時にとろぉ~んととろけていくたまらない味わい!

これは衝撃のおいしさー! 赤ワインが止まらなーい!


ぱくっ!ごきゅっ! ぱくっ!ごきゅっ! ぱくっ!ごきゅっ!




さらに、ペコリーノチーズのパスタ
2518130917_24.jpg


くるくるくるぅ~! ひょいっ!
2518130917_25.jpg

ぱくりっ!

(*´Д`)ンマー!!


ペコリーノチーズの旨味を全身で浴びているかのようなおいしさ!




と存分に堪能したところで、 ドルチェ(ティラミス、洋なしのタルト、ホワイトチョコ)
2518130917_26.jpg


エスプレッソ とともに、
2518130917_27.jpg


ぱくっ!ぱくっ!ぱくっ!


っと、堪能。

_/_/_/_/_/ フード評価 _/_/_/_/_/
   味  :☆☆☆☆(4.8点)
   量  :☆☆☆☆(4.5点)
   値段 :☆☆☆☆(4.0点)

   総合 :☆☆☆☆(4.8点)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
            ※☆5.0点満点


満たされたー!

世界一のピッツァにムール貝とペコリーノチーズのWパスタ、さらに感動さえ覚えるポルケッタに息つく暇ない前菜たち!

どれもこれもレベル高いメニューばかりでまさに感動のひと言!


これらの絶品イタリアンを食べてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw





店名:Giancarlo Tokyo(ジャンカルロ東京)
住所:東京都港区麻布台3-4-14 麻布台マンション1F
電話:03-6441-0179
時間:火~金11:30~15:00,18:00~23:30、土日12:00~15:30,18:00~23:30
定休:月
URL:なし
食べログ:リストランテ ピッツェリア ジャンカルロ Tokyoピザ / 六本木一丁目駅麻布十番駅神谷町駅




nice!(50)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

イタリアン BRUNO 東京@東京 [├ イタリア料理]

東京都中央区八重洲の BRUNO 東京イタリアン を食す。


最寄り駅はJR東京駅
八重洲北口から徒歩3分ほどの場所にある。
0417050817_01.jpg

2014年10月3日オープンの
専用窯で焼き上げた10種のピッツァを各500円で楽しむことができるイタリアンバル。



お店外観はこんな感じ。
0417050817_02.jpg



ピッツァメニューはこんな感じ。
0417050817_03.jpg

10種全て500円!




まずは、ヒューガルデン(¥780+税) で喉を潤す。
0417050817_04.jpg

ごきゅっ!ごきゅっ!ごきゅっ!

ぷはぁあ~!




続いてお通しの ミックスナッツ(¥300+税)
0417050817_05.jpg

ポリポリ。




さらに、魚介のサラダ~カリブ風~(¥880+税)
0417050817_06.jpg

0417050817_07.jpg

でっかい万寿貝が肉厚やわらかでおいしいー!




世界のチーズ盛り合わせ(¥1,280+税)
0417050817_08.jpg

モッツァレラチーズ、ゴルビージャック、ドライフルーツ入りクリームチーズなど色々な種類がある中で一番インパクトがあったのが、


シェーブルチーズ(山羊乳チーズ)!
0417050817_09.jpg

ヤチのチーズなのにラム肉を彷彿させるようなクセ!



というわけで、コンチャイトロ・フロンテラ・シャルドネ(¥580+税) を注文。
0417050817_18.jpg

ごきゅっ!

白ワインがすすむー!




さらに、金目鯛のアクアパッツァ(¥1,780+税)
0417050817_10.jpg

0417050817_11.jpg

ホクホクの金目鯛の白身にしっかりと魚介の旨味エキスが絡んでおいしいー!


ちなみに、このスープは後の為に残しておくのがポイント。




生ハム&ルッコラピッツァ(¥500+税)
0417050817_12.jpg

0417050817_13.jpg

さっくりとした生地で500円(税抜)とは思えないクオリティ!




骨付きチキン(¥1,280+税)
0417050817_14.jpg

スパイスで下味を付け、丸3日寝かせて熟成させてから専用のグリラーでじっくり焼き上げた一品。



それではいただきまーす。
0417050817_15.jpg


ひょいっ!
0417050817_16.jpg

かぷぅ!

(*´Д`)ンマー!!


骨離れが良いやわらかチキン!
スパイスの塩梅が良く、これまたお酒がすすむ味わい!



というわけで、コンチャイトロ・フロンテラ・カベルネソーヴィニヨン(¥580+税)
0417050817_19.jpg

ごきゅっ!




そして、熟成!!和牛ステーキ(¥1,980+税)
0417050817_17.jpg


40日間熟成和牛ロース(150g)!
0417050817_20.jpg


ひょいっ!
0417050817_21.jpg

かぷぅ!

(*´Д`)ンマー!!


噛めば噛むほどに旨味があふれ出してくるー!




〆に アクアパッツァの残ったスープを使ったリゾット(¥600+税)
0417050817_22.jpg

+600円で先ほどのアクアパッツァのスープを使ってリゾットを作ってくれるのである。


ひょいっ!
0417050817_23.jpg

かぷぅ!

(*´Д`)ンマー!!


おぉ!?
魚介の旨味エキスにキノコの風味、チーズのコクが加わることでびっくり仰天のおいしさ!

これは必食の一品!




そしてスイーツバナナ&ヴァニラジェラートのピッツァ(¥500+税)
0417050817_24.jpg

0417050817_25.jpg

温冷のマッチングによる安定のおいしさ!




というわけでそのまま一気に、


ぱくっ!ぱくっ!ぱくっ!


っと、完食。

_/_/_/_/_/ フード評価 _/_/_/_/_/
   味  :☆☆☆(3.5点)
   量  :☆☆☆(3.5点)
   値段 :☆☆☆(3.5点)

   総合 :☆☆☆(3.5点)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
            ※☆5.0点満点


東京駅近くに構えるリーズナブルに本格料理がいただけるイタリアンバル。

500円ピッツァも骨付きチキンも熟成牛ステーキもおいしかったけど、一番衝撃的だったのがアクアパッツァの残ったスープで作ったリゾット。

魚介、キノコ、チーズが見事にマッチングぅ~! これはまた食べたい!


これらのイタリアンを食べてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw





店名:BRUNO 東京 (ブルーノ)
住所:東京都中央区八重洲1-6-16 H.T八重洲ビル1-3F
電話:03-6262-1450
時間:月~木・土・日16:00~24:00、金・祝前16:00~29:00
定休:不定休
URL:http://nbm.jp/bruno-tokyo/
食べログ:BRUNO 東京居酒屋 / 東京駅日本橋駅京橋駅




nice!(49)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

イタリアン アッラ・クッチーナ・クリオーザ (ALLA CUCINA CURIOSA)@赤坂 [├ イタリア料理]

東京都港区赤坂の アッラ・クッチーナ・クリオーザイタリアン を食す。


最寄り駅は東京メトロ千代田線赤坂駅、東京メトロ銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅
両駅ともに駅から徒歩5分ほどの場所にある。
5719230916_01.jpg

2016年9月1日に銀座から移転オープンした
イタリア・ミラノを始め、様々な名店で修行を積んだ実力派シェフが手がける本格イタリアンを楽しむことができるイタリアンレストラン。



男5人で訪問。

店内黒板メニューはこんな感じ。
5719230916_02.jpg

サラダ、小皿、冷菜、温菜、パスタ、リゾット、肉料理など種類豊富でリーズナブルな価格!



まずは、Lantieri FRANCIACORTA で喉を潤す。
5719230916_03.jpg

ごきゅっ!



この日はがっつりと おまかせコース で注文。

早速一品目に登場したのは、サラダ・小皿・冷菜・温菜の盛り合わせ
5719230916_04.jpg

って、インパクトありすぎー!!!



プレートの上にのるのは、大人のおつまみ!チーズパウンドケーキ
5719230916_05.jpg


アンチョビを効かせたトレビスのサラダ
カンノナウビネガーとルッコラのサラダ
黒トリュフ入り!イタリアンオムレツ
5719230916_10.jpg


花ズッキーニのフリット
揚げたて豆アジの南蛮漬け
岩手県産トウガラシ(パドロン)の素揚げ
5719230916_06.jpg


サーモンとアボカドとクリームチーズのサラダ
5719230916_07.jpg


サラミの盛り合わせ
旬の野菜のピクルス(人参・パプリカ・セロリ)
5719230916_08.jpg


La Fattoria Gaiaのフレッシュモッツァレラ
生ハム量り売り!パルマ産22ヶ月
5719230916_09.jpg


さらに、ミニバケット
5719230916_12.jpg

どれもこれもおいしそうー!


早速、ぱくりっ!

(*´Д`)ンマー!!


生ハム&サラミの旨味! モッツァレラのコク! サラダのシャキシャキ食感!っとどれもこれも絶品ー!
中でも、花ズッキーニのフリットがサクサクふわふわで一番のお気に入り!

これはお酒がすすむー!



というわけで、Ciù Ciù Evoè Marche Passerina (チウ・チウ エヴォエ マルケ パッセリーナ) 2015 を注文。
5719230916_11.jpg

ごきゅっ!

熟したリンゴのような甘いニュアンス、酸、ミネラルが感じられるイタリアマルケ州の辛口白ワイン。


前菜からして胃袋をつかまれた!



続いてパスタ料理から、
エスプレッソを練りこんだニョケッティ 仔羊のラグーで
5719230916_13.jpg

なんと!エスプレッソをパスタに練り込んだ一皿!



取り皿に取り分けて、
5719230916_14.jpg

ぱくぅ!

(*´Д`)ンマー!!


香ばしい風味のニョケッティと肉々しい仔羊のラグーソースが見事にマッチ!




さらに、イタリア・カラブリア産トウガラシのリゾットアラビアータ
5719230916_15.jpg



別添えで、カラブリア産トウガラシ 付き。
5719230916_16.jpg

辛いながらも旨味も豊富なトウガラシ。



適度にトウガラシをふりかけて、ひょいっ!
5719230916_17.jpg

かぷっ!

(*´Д`)ンマー!!


辛いけどおいしいー! おいしいけど辛いー!

病み付きになる一皿!




さらに、メインの肉料理がどーん!
5719230916_18.jpg

5719230916_26.jpg

これまた豪快な盛り付け!



カッティングボードの上にのるのは、大人気!!モルタデッラハムのカツレツ
5719230916_19.jpg


スペイン産仔鶏のグリル
5719230916_20.jpg


酵素ポークのサルシッチャ
5719230916_23.jpg


ポルテサノポーク(スペイン)骨付きロース
5719230916_22.jpg


松阪ポークスペアリブ
5719230916_21.jpg


4種の塩付き。
5719230916_24.jpg



さらに、マッシュポテト
5719230916_25.jpg



取り皿に取り分けていただく。
5719230916_27.jpg


モルタデッラハムのカツレツひょいっ!
5719230916_28.jpg

ぱくりっ!

(*´Д`)ンマー!!


サクサクの薄衣にやわらかな肉厚のモルタデッラハム!
おいしすぎるー!



続いて、酵素ポークのサルシッチャひょいっ!
5719230916_29.jpg

ぱくぅ! じゅわっ!

(*´Д`)ンマー!!


ぷりぷりっ! 一噛みするごとにジューシーな旨味があふれ出してこれまたたまらなーい!


こいつは赤ワインだ!



というわけで、San Magno Cesanese del Piglio (サン・マーニョ チェザネーゼ・デル・ピーリオ) 2012
5719230916_30.jpg

ごきゅっ!

ブルーベリーやブラックチェリーに黒胡椒などのニュアンスが感じられる、酸と旨味のバランスが良いイタリアラツィオ州の赤ワイン。


肉料理と赤ワインの絶妙マリアージュ!



お肉を堪能したところで〆のスイーツに。


って、スイーツも盛り合わせー!
5719230916_31.jpg


木製プレートの上にのるのは、カンノーロ
5719230916_39.jpg


本日のフルーツタルト(リンゴ)
5719230916_32.jpg


ティラミス
5719230916_33.jpg


パルミジャーノのチーズケーキ
5719230916_34.jpg


さらに、ヨーグルトのソルベットとマンゴーのジュレ
5719230916_37.jpg


レモンのソルベット
5719230916_40.jpg

どれもこれもクオリティ高くて、(*´Д`)ンマー!!



というわけで、エスプレッソ
5719230916_38.jpg

ずずずずぅ~!


っと、いただいて絶品イタリアンを堪能。

_/_/_/_/_/ フード評価 _/_/_/_/_/
   味  :☆☆☆☆(4.2点)
   量  :☆☆☆☆(4.5点)
   値段 :☆☆☆☆(4.0点)

   総合 :☆☆☆☆(4.2点)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
            ※☆5.0点満点


前菜、パスタ、リゾット、肉料理、ドルチェとどれもレベル高い品々ばかり。

んー、おいしかったぁ!

さらに、そのどれもがリーズナブルにいただけるのが嬉しい。

赤坂にこういった気取らずに普段使いできるイタリアン店がなかったので重宝しそう。

また行こうっと。


これらのイタリア料理を食べてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw





住所:東京都港区赤坂3-17-10 フローレンス一ツ木ビル3F
電話:03-5544-8253
時間:月18:00~23:00、火~土11:30~14:30,18:00~23:00
定休:日曜
HP :http://curiosa.co.jp/
食べログ:クリオーザイタリアン / 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅




nice!(70)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | - ├ イタリア料理 ブログトップ