So-net無料ブログ作成
検索選択
├ 寿司 ブログトップ
前の3件 | -

とろの握り&三色丼 まぐろだけボーノ 白川@六本木 [├ 寿司]

東京都港区六本木の まぐろだけボーノ 白川とろの握り&三色丼 を食す。


最寄り駅は東京メトロ南北線六本木一丁目駅
駅から徒歩4分ほどの場所にある。
2912230116_01.jpg

1997年オープンの
六本木に構えるカウンター6席のみの看板のないまぐろ専門店。



お店外観はこんな感じ。
2912230116_02.jpg

暖簾が掲げられているもののどこにも店名が記されていないので、気が付かずに店前を何度も通り過ぎてしまった・・・。



メニューはこんな感じ。
2912230116_03.jpg

まぐろの丼物と握りのみという潔いメニュー構成!

注文を受けてからマグロのサクを切り分けて盛り付けてくれる。




注文してから5分ほどで、とろ握り(三貫)(¥500) 登場。
2912230116_12.jpg

とろの握り3貫が500円!

仕入れによっては大トロだったりすることもあるらしいが、この日は中トロ。



早速いただく。
2912230116_13.jpg

ぱくぅ!

(*´Д`)ンマー!!


しっとりとした舌触りの中とろは脂少なめだけど旨味たっぷり!
適度な酢加減のシャリとの相性も抜群!




三貫をペロリと平らげ、続いて 三色丼(¥1,200) を注文。
2912230116_04.jpg


三種のまぐろがのるどんぶり!
2912230116_05.jpg


赤身
2912230116_07.jpg


とろ
2912230116_06.jpg


葱とろ
2912230116_08.jpg



さらに、味噌汁 付き。
2912230116_09.jpg



早速、赤身にわさびをのせて、
2912230116_10.jpg

ぱくぅ!

赤身の旨味がしっかりと感じられておいしいー!



続いて、葱とろ
2912230116_11.jpg

ぱくぅ!

(*´Д`)ンマー!!


口に入れた瞬間にとろけて旨味が広がるほど超なめらか食感!
適度な酢加減の酢飯と相まって絶妙な味わい!


んー、おいしい!



というわけでそのまま一気に、


ぱくっ!ぱくっ!ぱくっ!


っと、完食。
2912230116_14.jpg

_/_/_/_/_/ フード評価 _/_/_/_/_/
   味  :☆☆☆(3.7点)
   量  :☆☆☆(3.5点)
   値段 :☆☆☆☆(4.0点)

   総合 :☆☆☆(3.7点)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
            ※☆5.0点満点


外観からは何のお店なのか全くわからないまぐろ専門店。

それだけに「知る人ぞ知るお店」的な雰囲気がこれまた良い!

リーズナブルにおいしいまぐろをいただきたいときにはもってこいの穴場店だね。


このまぐろの握り&どんぶりを食べてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw





住所:東京都港区六本木2-3-3 三重ビル1F
電話:03-3505-6088
時間:月~金11:30~14:00,18:00~ネタ切れまで、土11:30~14:00
定休:日曜・祝日
HP :なし
食べログ:まぐろだけボーノ 白川寿司 / 六本木一丁目駅赤坂駅溜池山王駅




nice!(23)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

極みコース すし龍尚@白金高輪 [├ 寿司]

東京都港区白金の すし龍尚極みコース を食す。


最寄り駅は東京メトロ南北線白金高輪駅
駅から徒歩5分ほどの場所にある。
5718200615_01.jpg

2014年7月14日オープンの
旬の食材をこだわりの技でもてなしてくれる江戸前鮨のお店。



カウンター席には醤油などセッティング済みでいただく準備万端!
5718200615_02.jpg




まずは、Berrys' United Kingdom Cuvée, Grand Cru, Brut, Mailly (ベリーズ・ユナイテッド・キングダム・キュヴェ、グランクリュ、マイィ) で乾杯。
5718200615_03.jpg

ごきゅっ!



今回注文したのは、おすしとおつまみ計22~23品が楽しめる 極みコース(¥18,000)


最初に登場したのは、いさき(大分)とじゅんさい(秋田)
5718200615_04.jpg

ぷりぷりの白身に柚子胡椒とポン酢がバランス良くあわさった一品。




続いて、春子鯛(かすごだい)
5718200615_05.jpg

あっさりな味わいの真鯛の子供。




北寄貝(北海道)、まこかれい(宮城)、きはた(佐賀)のお造り
5718200615_06.jpg

ぷりぷりの新鮮なお刺身。




本まぐろ(宮崎油津)
5718200615_07.jpg

色合い鮮やかな中とろ。 脂ノリも程よくとろけるような味わい。




こはだ(熊本天草)
5718200615_08.jpg

見た目からして美しい光り物。




めぬけの西京焼き(宮城三陸)
5718200615_09.jpg

5718200615_10.jpg

味付け、火入れともにばっちりのめぬけ!


メロンの浅漬け
5718200615_11.jpg

あっさりと食感も良く、西京焼きの付けあわせにぴったり!




ボタンエビ(北海道)
5718200615_12.jpg

ねっとりとした食感とともに口の中に広がる甘味がたまらない!




お酒も進み、続いて 獺祭 磨き二割三分
5718200615_13.jpg

ごきゅっ!

お寿司にはやっぱり日本酒!




甘鯛の昆布〆(山口)
5718200615_14.jpg

昆布の旨味と甘鯛の甘味が見事にマッチ!




えぞばふんうにときたむらさきうにの食べ比べ(北海道利尻)
5718200615_15.jpg

左側のオレンジ色の濃い黄色がばふんうに、右側の白っぽい淡い黄色がきたむらさきうに。
ばふんうにの方は、甘味が強く濃厚な味わい。 むらさきうにの方は、淡白で上品な甘味。
なんにせよ、贅沢な食べ比べ!




金目鯛の昆布〆の炙り(勝浦)
5718200615_16.jpg

炙りの香ばしさと金目鯛の脂が華麗にあわさって絶妙なおいしさ!




さらに、やまとしずく
5718200615_17.jpg

ごきゅっ!

秋田の純米吟醸生原酒。




鯵の塩〆(鹿児島)
5718200615_18.jpg

〆加減も程よく、ぷりぷり!




きはたの真子 昆布だし
5718200615_19.jpg

5718200615_20.jpg

真子の崩れるような食感が心地よく、優しい味わい。




本まぐろ赤身漬け
5718200615_21.jpg

まぐろの旨味をしっかりと感じる色鮮やかな赤身!




続いて、新政 No.6
5718200615_22.jpg

秋田の純米大吟醸生酒。

ごきゅっ!




とり貝(京都舞鶴)
5718200615_23.jpg

大将から直に手渡しされるお寿司。
渡される直前にとり貝をぱんっ!と平手打ちすることでしゃちほこのようにのけぞるというパフォーマンスがこれまた楽しい! 味の方は適度な歯ごたえを残しながらも柔らかく美味!




鰻の白焼き(愛知一色)
5718200615_24.jpg

5718200615_25.jpg

程よい脂のノリとパリッと焼かれた香ばしさが楽しめる一品。 わさびとの相性抜群。




白えび(富山)
5718200615_26.jpg

こちらも大将の手から直接渡されるお寿司。
ぷりぷりの食感とともに口の中で広がる上品な甘さがたまらない!




いわしの塩〆(石川)
5718200615_27.jpg

さっぱりとした味わいの光り物。




くろあわびの蒸し煮(三陸)
5718200615_28.jpg

鮑のさくさくっとした食感を残しながらも柔らかい仕上がり。
磯の香りいっぱいと旨味たっぷりのダシがこれまた良い!




さらに、而今
5718200615_29.jpg

三重の純米吟醸。

ごきゅっ!




しまあじのだし醤油漬け(高知)
5718200615_30.jpg

漬け具合が絶妙で口当たりまろやか!




煮はまぐり(千葉)
5718200615_31.jpg

肉厚でありながらも柔らかく仕上がっていて美味!




きたむらさきうに(小樽)
5718200615_32.jpg

大将から直接手渡されるお寿司。
淡白で上品な甘味を感じさせながらもとろけるような口当たりに悶絶!




塩穴子(江戸前)
5718200615_33.jpg

ふっくらふわふわで塩加減もばっちり!




かっぱ巻き
5718200615_34.jpg

海苔の風味にあわさるきゅうりの歯ごたえが良いね。




玉(ぎょく)
5718200615_35.jpg

白身魚のすり身と大和芋で作り上げた旨味たっぷりの玉子焼き。




ぼたんえびと白身魚の味噌汁
5718200615_36.jpg

海老の風味と旨味がぎっしり凝縮されたお椀。




そして、デザートに 自家製プリン
5718200615_37.jpg

甘さ控えめで食後の〆にぴったりの優しい味わい。



というわけで、最初から最後まで終始 (*´Д`)ンマー!! の極みコースを存分に堪能!


_/_/_/_/_/ フード評価 _/_/_/_/_/
   味  :☆☆☆☆(4.8点)
   量  :☆☆☆☆(4.5点)
   値段 :☆☆☆(3.5点)

   総合 :☆☆☆☆(4.8点)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
            ※☆5.0点満点


旬の食材を華麗に活かしたお寿司と日本酒に舌鼓!

その時期にあわせた最高級の食材を使用するのはもちろん、ネタを握るごとにお酢を使い分けたり、調理法によって醤油を使い分けるなど大将のこだわりが感じられる品々に感動!

ん~、まさに至福のひととき!


これらのお寿司を食べたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw





住所:東京都港区白金3-1-5
電話:03-6873-4229
時間:月火木~日18:00~23:00
定休:水曜・祝日
HP :http://www.sushi-shoryu.com/
食べログ:すし龍尚寿司 / 白金高輪駅広尾駅




nice!(24)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

いくらミルフィーユ はんなりいなり@鎌倉 [├ 寿司]

神奈川県鎌倉市の はんなりいなりいくらミルフィーユ を食す。


最寄り駅はJR鎌倉駅
駅東口から徒歩7分ほどの場所にある。
3714161113_01.jpg

鎌倉食べ歩き3軒目!


ホットケーキチョココロッケ に続き、3軒目に訪れたのは
国産大豆100%の油揚げを使用したいなりずしを販売するお店。


今回はその「はんなりいなり」ではなく、他のメニュー狙い。


そのメニューはこれ。
3714161113_02.jpg


と、不自然な値段表示。。。


ガイドブックによると通常は680円らしいけど、この日は100円アップの780円!

どうやら休日平日関係なく、客の入りで値段を貼り換えている模様。

しっかりこういう事しちゃうのは、商売上手というかなんというか。。。



ちなみに、ここのお店の接客も「前回のお店」同様、横柄な接客!

雑誌やTVなどのメディアにいくらたくさん出ていても、これだけで大分損してるよ。。。



とにもかくにも、いくらミルフィーユ(¥780) 購入。
3714161113_03.jpg

食べ歩き仕様のカップ寿司!



一番上にはいくら
3714161113_04.jpg


続いて、酢飯、玉子焼き、とびこ、釜揚げしらす
3714161113_05.jpg

と、「ミルフィーユ」という商品名通り、層を成して入っている。



早速、いただてみる。
ひょいっ!
3714161113_06.jpg

ぱくぅ!


(*´Д`)ンマー!!


いくらがプチプチと口の中で弾けておいしい!

酢飯の酢加減もちょうど良く、
黒ゴマの風味が良いアクセントになっている!



とびこ
3714161113_07.jpg


しらす
3714161113_08.jpg

と食べ続けていくうちに色々と味が変わっていくのも楽しい!



そのまま一気に、


ばくっ!ばくっ!ばくっ!


っと、完食。
3714161113_09.jpg


_/_/_/_/_/ フード評価 _/_/_/_/_/
   味  :☆☆☆(3.5点)
   量  :☆☆☆(3.0点)
   値段 :☆☆(2.0点)

   総合 :☆☆(2.0点)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
            ※☆5.0点満点


いくらミルフィーユ、おいしかったぁ!

けど、いくらおいしくても接客がひどいと再訪は考えちゃうよね。。。

ニ連続で横柄な接客のお店!

これだけで鎌倉小町通りの質を落としちゃっている気がする。。。

続く。


このいくらミルフィーユを食べたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw





住所:神奈川県鎌倉市小町2-9-7
電話:0467-23-7399
時間:10:00~17:00
定休:無休
HP :http://www.maru-han.co.jp/
食べログ:鎌倉はんなりいなり 鎌倉小町通り売店寿司 / 鎌倉駅和田塚駅





nice!(29)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | - ├ 寿司 ブログトップ