So-net無料ブログ作成
■ 観光・ツアーなど ブログトップ
前の3件 | -

うつわ製作工房見学 工房やす@山之上町 in 美濃加茂ツアー⑩ [■ 観光・ツアーなど]

岐阜県美濃加茂市山之上町の 工房やすうつわ製作 を見学。


最寄り駅はJR高山本線美濃太田駅
駅から車で10分ほどの場所にある。
0113030317_01.jpg

「心を和ませる木の香り、手にしたときに感じる木のぬくもり、そんな自然のめぐみを器やカトラリーにしてお届けすることで木のぬくもりを暮らしに」をコンセプトに掲げるうつわ製作工房。


はちや豚のとんかつでお腹を満たした後に訪問。



こちらがその工房。
0113030317_02.jpg

こちらで一つ一つ丁寧に手作りで器を作成しているのである。



今回使用する材木は、アベマキ
0113030317_03.jpg

美濃加茂の地に古くから生息するブナ科コナラ属の落葉高木。




手がけてくれるのは、工房やす代表の岡田靖則氏。
0113030317_17.jpg



材木を装置にセットしたら後はひたすら削るのみ!
0113030317_04.jpg


ガリガリガリガリ~!
0113030317_05.jpg


しゃっ!しゃっ!しゃっ!
0113030317_06.jpg


ゴリゴリゴリゴリ~!
0113030317_07.jpg


しゃっ!しゃっ!しゃっ!
0113030317_08.jpg


っと、見学する事50分ほどで完成!
0113030317_09.jpg


見事な木のうつわに大変身!
0113030317_10.jpg

削るのみと言ったものの、実際にここまでできるのは長きにわたり木と接し、木心を理解した岡田氏の経験があるからこそ!



ちなみに、太陽光に透かすとこの通り!
0113030317_11.jpg

木目の密度で水分量が異なるので、光を通したり通さなかったりで美しい模様を見せてくれる!さらに時間が経てば、木が渇いていくことでうつわが歪な形に変化し、本当の完成になるのである!

同じものは二度と作れない一期一会のうつわ!

んー、すてき!



そして、うつわ製作見学後は工房脇に構えるギャラリーにお邪魔。
0113030317_12.jpg


0113030317_13.jpg


0113030317_15.jpg

0113030317_14.jpg

ギャラリーに飾ってある作品の購入も可能!



ちなみに、失敗したうつわはひっくり返して電球カバーとして作品に!
0113030317_16.jpg

これはこれでおしゃれ!



というわけで、木のぬくもりが存分に感じられる工房やす。

卓越した職人技に思わず魅了されてしまった!

このうつわでご飯を食べたら、これまた一味違った味が楽しめるんだろうなー。

続く。


このアベマキのうつわにふれてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw





工房名:工房やす
住所:岐阜県美濃加茂市山之上町191-3
URL:http://koubouyasu.web.fc2.com/


banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw







nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

座禅体験 正眼寺@伊深町 in 美濃加茂ツアー⑧ [■ 観光・ツアーなど]

岐阜県美濃加茂市伊深町の 正眼寺座禅 を体験。


ホテルをチェックアウト後に、ツアー二日目の最初の行程として訪れたのがこちら。
5908030317_01.jpg



林道を抜け、
5908030317_02.jpg



山門を潜り抜けると
5908030317_03.jpg



正眼寺(しょうげんじ) 登場!
5908030317_04.jpg

臨済宗妙心寺派の寺院で、山号は「妙法山(みょうほうざん)」。
別名「妙心寺 奥の院」。

川上哲治氏や星野仙一氏が修行に訪れたことでも知られている禅寺。



本堂
5908030317_05.jpg


炊事場
5908030317_06.jpg

と、お寺内を見学しながら修行僧の方から色々とお話を拝聴。


朝3:30のお経から始まり、

朝食は、おかゆ・たくわん・梅干し

昼食は、ごはん・味噌汁・野菜料理

夕食は、なし

という生活をまずは半年間、堂内のみで行うとのこと。
そして、半年経つと「役」が与えられるという流れ。

修業期間は3年間!


んー、すごい!




そして、そのまま併設している 正眼短期大学 へ。
5908030317_07.jpg

一般教養科目、語学科目の他に禅文化科目を設置し、総合的思想などを含めた幅広い知識を身に着けることをカリキュラムポリシーにする、少人数教育スタイルの大学。



山の中に構えているだけにキャンパス内は広大!
5908030317_08.jpg

5908030317_09.jpg



施設説明を受けながら訪れたのは、茶道室
5908030317_10.jpg


こちらで 抹茶
5908030317_12.jpg


お茶菓子 をいただいて一服。
5908030317_11.jpg



その後は、いよいよ座禅体験のための 坐禅堂 へ。
5908030317_13.jpg

5908030317_14.jpg

初の座禅体験!


「煩悩(主に食)」と戦いながら座禅に取り組む!


ぽく、ぽく、ぽく、ちーん!




ちなみにこちらの僧侶さんはなんとフランス人女性!
5908030317_15.jpg

格好いい!


と、ここで「警策を受ける(肩をバチンバチンと叩く)こと」を志願してみた。



ドキドキしながらも、


バチーン!バチーン!バチーン!


と、なんだか心身ともに引き締まった気分!




というわけで、朝からここ美濃加茂の地で気合注入!

座禅も警策でバチーン!バチーン!も初めての経験で精神が研ぎ澄まされた感じ。

禅の心得を学習! したけど、食の煩悩には勝てずにそのまま昼食へ・・・。

続く。


こちらで座禅&警策を受けてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw





寺院:正眼寺(しょうげんじ)
住所:岐阜県美濃加茂市伊深町872-2
創建年:1658年
山号:妙法山(みょうほうざん)
宗派:臨済宗





nice!(24)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中山道太田宿見学@太田本町 in 美濃加茂ツアー① [■ 観光・ツアーなど]

岐阜県美濃加茂市の魅力を存分に楽しむ!『美濃加茂で出会う伝統の新しさツアー』に参加!

岐阜県美濃加茂市は名古屋市から約40分の岐阜県中南部に位置する都市。
江戸時代には中山道51番目の宿場「太田宿」として栄え、多くの旅人が行き交った場所として知られている。



というわけで、新横浜駅から名古屋駅まで のぞみ301号 でGo!
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアー出発

岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーまでの新幹線のぞみ




さらに名古屋駅で、特急ひだ5号 乗り換えて、
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーのチケット

岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーまでの特急ひだ




計2時間20分ほどで、美濃太田駅 に到着!
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの美濃太田駅

岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの美濃太田駅




到着後はバスで、美濃加茂市役所 へ。

ここで、美濃加茂市の若き市長“藤井浩人市長”が案内人として登場!
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアー美濃加茂市の藤井浩人市長

市長とともに最初の目的地へ。




到着したのは、中山道太田宿
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿

中山道太田宿とは、江戸日本橋から京三条大橋までを結ぶ江戸時代の五街道の一つ“中山道69次”のうち江戸から数えて51番目の宿場町。

飛騨へ向かう“飛騨街道”、関・郡上へ向かう“関街道”への分岐点でもあり、また木曽川が並行して流れているので交通・物流の要衝として機能していた場所でもある。




というわけで、まずは中山道太田宿をじっくりと見学!
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿




祐泉寺
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿の祐泉寺

岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿の祐泉寺

文明6年(1474年)に大道真源が湧泉庵という寺を建立したことに始まるといわれている臨済宗妙心守派のお寺。

こちらの祐泉寺周辺は、外敵の侵入を少しでも阻もうと道路形状が鈎型に折れ曲がっており、“桝形(ますがた)”と呼ばれているのが特徴。




旧小松屋(吉田家住宅)
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿の旧小松屋(吉田家住宅)

“小松屋”の屋号で営まれた太田宿の旅籠(旅館)。
現在は、お休み所として一般開放されており、講談や音楽などのイベントなどでも使われている。




永楽屋
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿の永楽屋

古くから知られる呉服店。




旧太田脇本陣 林家住宅
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿の旧太田脇本陣 林家住宅

岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿の旧太田脇本陣林家住宅

“脇本陣”とは、“本陣”に次いで江戸時代の宿駅制度上の半公共的な宿泊機関。
1769年(明治6年)に建てられた母屋が現存し、現在も住居として利用されている国指定重要文化財。

ちなみに、板垣退助はここに宿泊した翌日に岐阜市で暗殺されている。



一般開放もされており、屋内の見学可能。
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿の国指定重要文化財

岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿の国指定重要文化財




旧太田宿本陣門
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿の旧太田宿本陣門

太田宿の本陣において唯一現存する史跡で1861年(文久元年)に建てられた美濃加茂市指定有形文化財建造物。

幕府大老井伊直弼や水戸の天狗党武田耕雲斎などの有力者が宿泊。




太田宿中山道会館
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿の太田宿中山道会館

岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿の太田宿中山道会館

2006年(平成18年)に太田宿の歴史を知る史料館として、美濃加茂市役所が建設した観光促進を図る拠点施設。



中庭には立派な エノキ の大木があり、その枝々に ヤドリギ が繁茂している。
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿のエノキとヤドリギ

岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿のエノキとヤドリギ

ここ太田宿のシンボル!




さらに、この中山道に並行して流れるのが 木曽川
岐阜県美濃加茂市美濃加茂ツアーの中山道太田宿の木曽川

名水百選に選定されてながらも、暴れ川としても知られる一級河川。




というわけで、かつて宿場町として栄えていた中山道太田宿。

それだけに歴史が感じられ、そんな街並みを歩きながら楽しめるなんて素敵すぎ!

といったところで、いい感じにお腹が空いてきたのでそろそろランチタイムに。

続く。


この後の美濃加茂ツアーの行方が気になると思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw





場所:太田宿中山道
住所:岐阜県美濃加茂市太田本町3-3-31
電話:0574-23-2200
URL:http://kaikan.ootajuku.net/




nice!(50)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | - ■ 観光・ツアーなど ブログトップ