So-net無料ブログ作成
■ 居酒屋・ダイニングバー ブログトップ
前の3件 | -

わさびめし つず久@牛込柳町 [■ 居酒屋・ダイニングバー]

東京都新宿区市谷柳町の つず久わさびめし を食す。


最寄り駅は都営大江戸線「牛込柳町駅」
駅から徒歩3分ほどの場所にある。
0820170519_01.jpg

1985年3月4日オープンの
「元祖わさびめし」を掲げるアットホームな雰囲気の家族経営の老舗居酒屋さん。



お店外観はこんな感じ。
0820170519_02.jpg


店内はこんな感じ。
0820170519_03.jpg


メニュー
0820170519_34.jpg

0820170519_05.jpg

0820170519_06.jpg

0820170519_04.jpg

 ・わさびめし         ¥500
 ・ひろしま          ¥300
 ・うど            ¥800
 ・ポテトサラダ        ¥300
 ・玉子焼           ¥500
 ・水茄子           ¥700
 ・塩引鮭          ¥1,000
 ・水うに          ¥3,900
 ・大根くらげ         ¥200
 ・甘とう           ¥500
 ・みょうが          ¥500
 ・にんにく          ¥800
 ・ぽてと           ¥300
 ・大根海月          ¥200
 ・納豆焼き          ¥400
 ・男と女           ¥500
 ・カルセルマキ        ¥400
 ・令和ビュテフルハーモニー


よくよく見てみると、ところどころにダジャレを効かせたメニューが!

「ひろしま」は、広島カープ→カープ→カプ→かぶ→蕪!

「カルセルマキ」は、モロッコで手術を受けたということからモロッコインゲン!

「令和ビュテフルハーモニー」は、メニュー名だけは先に決めて内容はこれからとのことw



というわけで、まずは 生ビール で喉を潤す。
0820170519_07.jpg

ごきゅっ!ごきゅっ!ごきゅっ!

ぷはぁあ~!



お通しは、うの花おからきらず(¥300)
0820170519_08.jpg

しっとりふんわり~!



さらに、玉子焼(¥500)
0820170519_09.jpg


創業時からお値段据え置きの同店名物の特大玉子焼き!
0820170519_10.jpg

中には、いくらが!


ひょいっ!
0820170519_11.jpg

ぱくっ! じゅわっ!

(*´Д`)ンマー!!


ダシがしっかりと感じられるジューシー玉子焼き!
食べ応え抜群でまさに必食の一品!



そして、お刺身盛り合わせ(2人前)(¥1,500×2)
0820170519_12.jpg

なかなか豪快な盛り具合!


この日のネタは、中トロ
0820170519_13.jpg


イカ・マグロ
0820170519_14.jpg


カツオ・帆立
0820170519_15.jpg


平貝・海老・数の子
0820170519_16.jpg


カンパチ・茹でタコ
0820170519_17.jpg


水タコ
0820170519_18.jpg


イワシ
0820170519_19.jpg


そして、たっぷりのおろしたて 山わさび(ホースラディッシュ)
0820170519_20.jpg


わさびをたっぷりと付けていただく。
0820170519_21.jpg


0820170519_22.jpg

新鮮プリプリで美味ー!

これは日本酒だ!



というわけで、日本酒
0820170519_27.jpg

ぐびっ!



さらに、将軍葱(¥700)
0820170519_23.jpg

0820170519_24.jpg

しゃっきりシャキシャキの良い食感!



甘とう(¥500)
0820170519_25.jpg

0820170519_26.jpg

みずみずしくて甘いスイートコーン!



と存分に堪能したところで、〆注文!

登場したのは、釜(越後米)
0820170519_28.jpg


一緒に、なます・刻み海苔・山わさび(ホースラディッシュ)
0820170519_29.jpg


というわけで、炊きあがったところをお茶碗によそってたっぷりのわさび刻み海苔、さらにその上から醤油を垂らせば、わさびめし(¥500) の完成!
0820170519_30.jpg

『つず久』に来たからにはこれを食べないと!


ひょいっ!
0820170519_31.jpg

ぱくぅ!

げほっ!ごほっ!ぐはっ!

(*´Д`)カランマー!!


鼻で息を吸いながら、口で息を吐いて食べれば辛味を抑えられるとのことだけど酔っ払っていてそんな余裕なし!w


それでも熱々のご飯の上にあわさる鼻腔を激しく刺激する山わさびとの絶妙マリアージュ!

涙と鼻水出まくりでボロボロだけど箸が止まらない!

まさにあとひく味わいでおいし・・・げほっ!ごほっ!ぶはっ!



そして、食後のデザートに バナナ
0820170519_32.jpg


わさびをのせた方がおいしいという女将さんのアドバイスを受けてのせてみると、
0820170519_33.jpg

辛味は気にならず、甘味が引き立つー!



そのまま一気に、


ぱくっ!ぱくっ!ぱくっ!


っと、完食。

_/_/_/_/_/ フード評価 _/_/_/_/_/
   味  :☆☆☆(3.8点)
   量  :☆☆☆(3.5点)
   値段 :☆☆☆(3.8点)

   総合 :☆☆☆(3.8点)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
            ※☆5.0点満点


店内終始にぎわっているアットホームな雰囲気の老舗居酒屋『つず久』。

念願の「わさびめし」は、めっちゃ刺激的だけどまさにクセになる味わい!

それにしても「令和ビュテフルハーモニー」がどんなメニューになるのか気になるw


こちらの元祖わさびめしを食べてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw



店名:つず久
住所:東京都新宿区市谷柳町8
電話:03-3268-6467
時間:月~土17:00~23:00
定休:日
URL:なし
食べログ:つず久居酒屋 / 牛込柳町駅若松河田駅牛込神楽坂駅









nice!(63)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

宮崎焼酎 焼酎BAR よっと@宮崎 in 宮崎グルメ旅(1日目⑤) [■ 居酒屋・ダイニングバー]

宮崎県宮崎市高松町の 焼酎BAR よっと宮崎焼酎 をいただく。


最寄り駅はJR「宮崎駅」
駅から徒歩16分ほどの場所にある。
3621090617_01.jpg

2015年7月1日オープンの
宮崎県産焼酎を中心に様々な焼酎を楽しむことができる焼酎バー。



案内されたのはカウンター席。

目の前には色々な焼酎が!
3621090617_02.jpg

3621090617_03.jpg

カウンター越しに眺めるたくさんの焼酎はなかなか爽快!



まず最初の一杯目にいただいたのは、日南娘
3621090617_08.jpg

文化元年(1804年)創業の宮崎県日南市『宮田本店』が手掛ける本格芋焼酎。

ほんのりとした芋の香りと軽快な甘味が楽しめる一杯!



続いて、お通し
3621090617_04.jpg

ポリポリ。



さらに、あくがれブルー(夏の吉兆五穀)
3621090617_06.jpg

宮崎県日向市『あくがれ蒸留所』が手掛ける、麦・米・粟・稗・黍・大豆など数種の穀物を使用した珍しい五穀焼酎。

フルーティーで優しい口当たり!



夏の赤鹿毛
3621090617_07.jpg

宮崎県都城市『柳田酒造』が手掛ける夏季限定の爽やかな麦焼酎。

やわらかい口当たりが特徴のフレッシュ焼酎!



日南娘 紅はるか
3621090617_05.jpg

宮崎県日南市『宮田本店』が手掛ける紅はるか使用の超限定芋焼酎。

日南娘らしいしっとりとした甘味を感じさせながらも後味すっきり!



と堪能したところで、フードメニューを注文しようとしたら、

なんと!
宮崎では店内にいながら他店のメニューの出前が可能とのこと。

これは嬉しいシステム!


というわけで、注文したのは たこ焼き@本舗わたりだこ(¥550)
3621090617_09.jpg


ソースなど一切かかってない素焼きたこ焼き!
3621090617_12.jpg


ぱかっ!
3621090617_10.jpg

っと割ってみると中はとろとろ~!


ぱくりっ!

あつあつおいひー!

ダシたっぷりのとろとろ生地!
やや塩味強めなもののその分お酒との相性ばっちり!



ラストは、木挽BLUE
3621090617_11.jpg

宮崎県宮崎市『雲海酒造』が手掛ける本格芋焼酎。

すっきりとキレのある甘味で爽やかな口当たり!



そのまま一気に、


ごきゅっ!ごきゅっ!ごきゅっ!


っと、完飲。


ちなみにお店を出た後に出前したたこ焼き屋さん発見!
3621090617_13.jpg

_/_/_/_/_/ フード評価 _/_/_/_/_/
   味  :☆☆☆(3.5点)
   量  :☆☆☆(3.3点)
   値段 :☆☆☆(3.5点)

   総合 :☆☆☆(3.5点)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
            ※☆5.0点満点


定番からレアな焼酎まで様々な宮崎焼酎が楽しめる『焼酎BAR よっと』。

さらに追加料金一切なく他店の出前が自由にできるのが面白いところ。

それにしても雰囲気も良くてついつい飲みすぎたー!

気を付けてホテルに戻らねば。

続く。


これらの宮崎焼酎を楽しんでみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw



店名:焼酎BAR よっと
住所:宮崎県宮崎市高松町3-32 雅ビル1階奥
電話:非公開
時間:月~日20:30~29:00
定休:不定休
URL:なし
食べログ:焼酎BAR よっとバー / 宮崎駅









nice!(162)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

飲み放題付きコース 食堂とだか@五反田駅 [■ 居酒屋・ダイニングバー]

東京都品川区西五反田の 食堂とだか飲み放題付きコース を食す。


最寄り駅はJR山手線「五反田駅」
駅西口から徒歩5分ほどの場所にある。
0118040219_01.jpg

2015年9月16日オープンの
五反田のディープな飲食ビルの地下1Fに構える大人気居酒屋さん。


ディープな飲食ビル「Nico Nico TOWN」!
0118040219_02.jpg

“孤独のグルメ(シーズン6の第12話)”に登場したお店でもあり、以前訪れた『立呑みとだか』の姉妹店。



お店外観はこんな感じ。
0118040219_03.jpg


貸切9名で訪問。

メニューはこんな感じ。
0118040219_04.jpg

0118040219_05.jpg

0118040219_06.jpg

0118040219_07.jpg

0118040219_08.jpg

 ・天然ブリ刺し              ¥1,000
 ・本マグロのカマトロ寿司         ¥1,200
 ・牛ユッケ                ¥2,000
 ・和牛カツ                ¥1,500
 ・カキバター               ¥1,200
 ・ホタルイカと菜の花のギョーザ       ¥800
 ・あん肝濃厚つけ麺            ¥1,500
 ・サバカツサンド&とだカキフライ     ¥1,200
 ・伊勢エビマヨ              ¥3,000
 ・とだCURRY              ¥1,000
 ・いぶりがっこのポテサラ          ¥700
 ・とだカキフライ             ¥1,000
 ・あん肝豆腐とトマトの揚げ出し      ¥1,200
 ・ウニ・オン・ザ煮玉子           ¥700
 ・和牛と里芋の肉じゃが          ¥1,800
 ・とり皮餃子                ¥800
 ・牛トロウニ巻き             ¥2,300
 ・黒豚の炭火焼              ¥1,800
 ・里芋の唐揚げ               ¥700
 ・甘納豆チーズタワー            ¥900
 ・菜の花とイカのアンチョビ炒め      ¥1,200
 ・揚げ銀杏                 ¥500
 ・長芋のワサビ漬け             ¥500
 ・子持ち昆布フライタルタル         ¥900
 ・体に良いみそ汁              ¥250
 ・名物 牛ご飯              ¥1,000
 ・いちご大福                ¥500



今回注文したのは、全てのドリンク飲み放題+お料理少々バージョンアップ飲み放題付きコース(¥8,000)


まずは、生ビール で乾杯。
0118040219_09.jpg

ごきゅっ!ごきゅっ!ごきゅっ!

ぷはぁあ~!


カウンター上では着々と一品目の準備が!
0118040219_10.jpg


というわけで、まずは定番の ウニ・オン・ザ煮玉子+オン・ザ・イクラ
0118040219_11.jpg

しずる感たっぷりの映えメニュー!


手づかみでそのまま わしっ!
0118040219_12.jpg

ぱくぅ!

(*´Д`)ンマー!!


半熟卵黄の上にのるウニの濃厚なコク!イクラのプチプチ感!わさびのつーんとした辛味!

これらが見事にマッチしてたまらーん!


ちなみにイクラを全部食べないで少々残しておくのがポイント!



続いて2品目に、
0118040219_13.jpg


本マグロのカマトロ寿司
0118040219_14.jpg


ここに先ほどのイクラをのせて、バージョンアップ!
0118040219_15.jpg


ひょいっ!
0118040219_16.jpg

ぱりっ!

(*´Д`)ンマー!!


脂がしっかりとのったとろけるような食感のカマトロ!
そこに加わるイクラがさらにそのおいしさを底上げー!



お酒もすすみ、ボンタンアメのお酒
0118040219_17.jpg

0118040219_18.jpg

ごきゅっ!



あん肝豆腐とトマトの揚げ出し
0118040219_19.jpg

ねっとりもちもち食感のあん肝豆腐!
鰹だしとめっちゃ合うー!



天然ブリ刺しキャビアのせ&牛ユッケ
0118040219_20.jpg


極厚天然ブリ刺し!
0118040219_21.jpg


炙り牛ユッケはシンシン!
0118040219_22.jpg

0118040219_23.jpg

肉感ありながらもしっとりとなめらかな口当たりでこれまた美味ー!



純米吟醸 夏子物語
0118040219_24.jpg

新潟県『久須美酒造』の純米吟醸酒。

ごきゅっ!



ホタルイカと菜の花のギョーザ
0118040219_25.jpg

0118040219_26.jpg

ホタルイカのほんのりとした苦味がクセになる~!



とだかハイボール
0118040219_27.jpg

皮ごとレモンが丸ごと入ったハイボール。

ぐびっ!



とだカキフライ&サバカツサンド
0118040219_28.jpg

0118040219_29.jpg

カリカリサクサクのパンをまとった絶妙な火入れのカキ&サバ!
下に敷いてあるタルタルソースがこれまたおいしい!



生おろしサワー(あまおう)
0118040219_30.jpg

ごきゅっ!



金柑の白和え&甘納豆チーズサンド
0118040219_31.jpg


凍った金柑が入る白和え!
0118040219_32.jpg


ヤマザキビスケットでサンドされた甘納豆とマスカルポーネ!
0118040219_33.jpg

まったりクリーミーフルーティー!



純米生原酒 たかちよ
0118040219_34.jpg

新潟県『高千代酒造』の純米生原酒。

ごきゅっ!



と、ここで鍋登場!
0118040219_35.jpg

ぐつぐつぐつ~!


と完成したのが、鶏じゃがと揚げ玉子
0118040219_36.jpg

“肉じゃが”ならぬ“鶏じゃが”!


揚げ玉子ぱかっ! でろりぃ~ん!
0118040219_37.jpg


そこに軟骨入り鶏つくね揚げ里芋を絡めれば、
0118040219_38.jpg

超絶美味ー!



純米酒 遊穂
0118040219_39.jpg

石川県『御祖酒造』の純米酒。

ごきゅっ!



そして〆メニューとして、先ほどのダシを残した鶏じゃがの器白米を入れて、
0118040219_40.jpg


カレートロロを入れて、まぜまぜ~!
0118040219_41.jpg


そこに、パルミジャーノレッジャーノをたっぷりとふりかけてからの~
0118040219_42.jpg


ファイヤー!
0118040219_44.jpg

ゴーーーー!


さらに、サーロインすき焼きぺろ~ん!
0118040219_45.jpg


とのせれば、カレートロロ牛ご飯 の完成!
0118040219_46.jpg

ぐはー! めちゃくちゃおいしそー!


ひょいっ!
0118040219_47.jpg

ぱくりっ!

(*´Д`)ンマー!!


鶏じゃがだし!カレー!トロロ!チーズ!のカルテットマリアージュ!

なんじゃこりゃー!


もちろん、サーロインすき焼き
0118040219_48.jpg

(*´Д`)ンマー!!


たまらなすぎる〆ごはん!
散々飲み食いした後だったけど、まるでドリンクを飲み干すかのようにするするする~と胃袋の中へ!



そして、カウンターには巨大イチゴが並び、
0118040219_49.jpg


あんこを塗って、
0118040219_50.jpg


で包んで、
0118040219_51.jpg


いちご大福 完成。
0118040219_52.jpg

0118040219_53.jpg

ジューシーなとちおとめと程よい甘さのあんことのナイスマッチングスイーツ!


そのまま一気に、


ぱくっ!ぱくっ!ぱくっ!


っと、完食。

_/_/_/_/_/ フード評価 _/_/_/_/_/
   味  :☆☆☆☆(4.2点)
   量  :☆☆☆☆(4.0点)
   値段 :☆☆☆☆(4.0点)

   総合 :☆☆☆☆(4.2点)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
            ※☆5.0点満点


大人気店なのも納得の『食堂とだか』。

何回訪れてもその度に感動!そして、満たされる!

それにしても食ったー! 飲んだー! また行きたいー!

けど、次回の予約は来年2020年10月(2019年2月時点で)とのこと。 ひえー!


この飲み放題付きコースをいただいてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw



店名:食堂とだか
住所:東京都品川区西五反田1-9-3 リバーライトビルB1F
電話:03-6420-3734
時間:月~土18:00~24:00(L.O.24:00)
定休:日
URL:https://www.facebook.com/wasse.umaka/l
食べログ:食堂とだか郷土料理(その他) / 五反田駅大崎広小路駅大崎駅









nice!(209)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | - ■ 居酒屋・ダイニングバー ブログトップ