So-net無料ブログ作成
■ 観光・ツアーなど ブログトップ
前の3件 | -

青島神社&鬼の洗濯板@青島 in 宮崎グルメ旅(2日目②) [■ 観光・ツアーなど]

宮崎県宮崎市青島の 青島神社 へ。


最寄り駅はJR日南線「青島駅」
駅から徒歩15分ほどの場所にある。
1312100617_01.jpg

宮崎市の南東部にある周囲1.5kmほどの陸続きの小さな島“青島”の上に構える、恋愛の御利益があるという神社。



「宮崎駅」から電車で、
1312100617_02.jpg

ガタン!ゴトン!ガタン!ゴトン!


と揺れること30分ほどで 「青島駅」に到着!
1312100617_03.jpg


そこからのんびりと徒歩移動すること15分ほどで、
1312100617_04.jpg



目的地「青島」が見えてきた!
1312100617_06.jpg


亜熱帯性植物など200種類以上の珍しい植物が多数生息し、全体は5000本を超える植物でおおわれている島!
1312100617_05.jpg



その島の周りには、鬼の洗濯岩 が!
1312100617_07.jpg

1312100617_08.jpg


リアルに洗濯できそうな形状!
1312100617_09.jpg

ちなみに、1934年(昭和9年)に国の天然記念物に指定されており、正式名称は「隆起海床と奇形波蝕痕」



さらに、弥生橋を渡りきって島を上陸すると同時に 青島神社大鳥居 登場!
1312100617_10.jpg


そこを通り抜けるとすぐに、
1312100617_11.jpg


“海幸彦・山幸彦”神話で知られる 青島神社 のお目見え!
1312100617_12.jpg


さらに奥に進むと、青島のほぼ中央に鎮座する 元宮 が。
1312100617_13.jpg

1312100617_14.jpg

自生する熱帯樹林に囲まれていてまさに神秘的な雰囲気!



それ以外にも、天の平瓮投げ(あまのひらかなげ)
1312100617_15.jpg

1312100617_16.jpg

古くから吉凶を占う神事に用いられた薄い土器のお皿“平瓮(ひらか)”。
この“平瓮”を投げて磐境に入れば心願成就、割れれば開運厄除に。



さらに、産霊紙縒(むすひこより)
1312100617_17.jpg

1312100617_18.jpg

青島神社の元宮横にある夫婦ビロウに、それぞれの願いに合った色の紙縒を結ぶ神事。

ちなみに各色の意味合いは以下の通りで、
 ピンク:良縁・夫婦円満
 紫:心身健全
 緑:生業成就
 黄:商売繁盛
 白:その他の心願成就


とりあえず、“商売繁盛”の黄色でw
1312100617_19.jpg



というわけで、食べ歩きの合間に宮崎のパワースポット『青島神社』へ。

神秘的な雰囲気で癒されると同時に幸せパワーを充電!

さぁて、しっかりとパワーをもらった後はお腹も充電せねばw

続く。


こちらの青島神社に訪れてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw



名称:青島神社
住所:宮崎県宮崎市青島2-13-1
電話:0985-65-1262
URL:https://aoshima-jinja.jp/









nice!(66)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

壺屋やちむん通り@那覇市壺屋 in 沖縄遠征(3日目②) [■ 観光・ツアーなど]

沖縄県那覇市壺屋の 壺屋やちむん通り へ。


「那覇空港」から車で20分ほどの場所にある。
4214010319_01.jpg

壺屋焼の窯元の直営店をはじめ、県内各地のやちむんを取り扱うセレクトショップややちむんの器を使った飲食店などが軒を連ねるエリア。



琉球石灰岩を敷き詰めた400mほどの通りとなっている。
4214010319_03.jpg

4214010319_02.jpg



その中には、伝統的なやちむんを取り扱うお店もあれば、
4214010319_04.jpg

4214010319_05.jpg


オシャレなデザインのうつわと雑貨を取り扱うお店などいろいろ!
4214010319_07.jpg

4214010319_08.jpg



というわけでこちらで購入した品は、陶器(980+税)@うつわスカート
4214010319_09.jpg


ちびちびシーサー(980+税)@チャタロウ
4214010319_11.jpg


ちびシーサー×2(600×2+税)@ヤッチとムーン
4214010319_10.jpg


飾るとこんな感じ。

じゃん!
4214010319_12.jpg



国際通りからほど近い場所にあるローカルな沖縄の雰囲気あふれる『壺屋やちむん通り』。

ハンバーグに合うやちむんはないかなーと探していたものの、ついつい目があったシーサーに惹かれて購入。

今では我が家の守り神としてかわいく鎮座w

続く。


こちらの壺屋やちむん通りを歩いてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw



名称:壺屋やちむん通り
住所:沖縄県那覇市壺屋1-16
URL:https://tsuboya-yachimundori.com/









nice!(75)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

古宇利島@国頭郡今帰仁村古宇利&やちむんの里@中頭郡読谷村座喜味 in 沖縄遠征(2日目③) [■ 観光・ツアーなど]

沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利の 古宇利島 へ。


「那覇空港」から車で120分ほどの場所にある。
5411280219_01.jpg

沖縄本島北部にある美しい海に囲まれた自然あふれる離島。



エメラルドグリーンの海を眼下に望む“古宇利大橋”を通って上陸!
5411280219_02.jpg

まさに絶景ドライブコース!



昼食後に向かったのは、古宇利島の北側にある ティーヌ浜
5411280219_03.jpg


駐車場に車を止めて草むらを通り抜けると、
5411280219_04.jpg


どーん!ときれいなビーチが!
5411280219_05.jpg


そこにたたずむ2つの岩!
5411280219_06.jpg


これを重ねると、ハート型に!
5411280219_07.jpg

通称“ハートロック”!

さすが“沖縄版アダムとイブの伝説が残る恋の島”!


ちなみに、嵐がJALのCMでこの地を訪れたということもあり、今では一躍有名スポットに!
それだけに駐車場が混沌としていて、無料・100円・200円・300円とそれぞれ値段が異なっていて非常に厄介!

うっかりと300円の方に駐車しちゃったよ。。。



さらに、隣の トケイ浜 へ。
5411280219_08.jpg


こちらは先ほどのティーヌ浜とうって変わって人が全然おらずのんびりとした雰囲気。
5411280219_09.jpg

ちなみに、ここトケイ浜にはピースサインのような形の“ピース貝”があるとのこと。
なので頑張って探してみたけど、全然見つからず。。。


みつけたのは、ヤドカリのみ。。。
5411280219_10.jpg

そのまま海を眺めながらのんびり~。




名称:古宇利島
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
URL:http://kourijima.info/




続いて、中頭郡読谷村座喜味の やちむんの里 へ。


「古宇利島」から車で90分ほどの場所にある。
5411280219_11.jpg

陶芸家の方々が集まってできた沖縄の風土にあった陶芸品が次々と生まれる里。

ちなみに“やちむん”とは沖縄方言で“焼物”のこと。



店舗も兼ねた窯元の工房が色々!
5411280219_12.jpg

5411280219_14.jpg

5411280219_15.jpg

5411280219_16.jpg

5411280219_13.jpg

5411280219_17.jpg

5411280219_18.jpg

のどかな雰囲気に癒されながら、気の向くままに陶芸品を物色~。



スカイブルーの空とエメラルドグリーンの海に挟まれた古宇利大橋ドライブはまさに爽快!

だったけど、途中から曇り始めちゃったのが残念なところ。

その上、やちむんの里散策中に大雨に!

でもまぁ、そのお蔭で結構空いてたけどw

続く。


古宇利島とやちむんの里に訪れてみたいと思ったら ぽちっ!

banner_01.gif
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ
    ↑   現在、ランキング参加中です。
        このブログの中途半端な順位が確認できますw



名称:やちむんの里
住所:沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653-1
電話:098-958-4468
時間:月~日9:00~18:00
定休:不定休
URL:http://www.okinawainfo.net/yomitan.htm









nice!(55)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | - ■ 観光・ツアーなど ブログトップ